生成

コエンザイムQ10の美容効果とは

今や、様々な美容関連の商品やサプリメントに必ずといっていいほど配合されているのがコエンザイムQ10です。
それだけコエンザイムQ10は美容面での効果が高いということでしょう。
しかし、どういった働きがあって美容効果が高いのか、そこまでご存知の方は少ないのではないでしょうか。
ここではその働きと美容効果について解説します。

コエンザイムQ10は、美容面以外にも大切な働きがあります。
それは、生きていく上でのエネルギーの調達です。
人体ではこの栄養素を糧にしてエネルギーを得ているのです。
つまり、この栄養素がなければ、人は生きていけないのです。

中でも注目すべきなのは、この栄養素の抗酸化作用です。
活性酸素という物質が体内には存在していますが、この物質があることで細胞が酸化してしまいます。
よく鉄製品とかが茶色く変色してボロボロになっている場合がありますが、あれが酸化です。
同じように細胞も酸化することで老化し、それがシワやシミなどの原因になるのです。
このような細胞を酸化からガードしてくれるのが抗酸化作用です。
美容用語にアンチエイジングという言葉がありますが、アンチエイジングにはまさにコエンザイムQ10が欠かせません。

しかし、いくら抗酸化作用があるからといって、その働きをしてくれるコエンザイムQ10が体の中になければ意味がありません。
この栄養素は体の中でつくられる物質ですが、歳をとる度にその量は減っていきます。
肌が老化してしまうのは、加齢によるこの栄養素の減少が原因になっているのです。

だったら足りないものは補えばいいと思われるかもしれません。
確かにこの栄養素は食事からでも補えますが、吸収率がとても悪いのです。
せっかくコエンザイムQ10を多く含んだ食材を意識的に食べても、人体で吸収できなければ意味がありません。
それよりは、肌からの方が吸収率が良いので、お肌の事を考えるのであれば、直接肌に塗るタイプのものを選びましょう。

コエンザイムQ10はお肌にとって必要な栄養素です。
お肌の老化が始まる30代を迎える頃には積極的に補給しましょう。