生成

コエンザイムQ10とアンチエンジングの関係

お肌のシミやシワといえば女性の敵とも言える存在です。
歳を取ればシミやシワがどうしてもできやすくなってしまいますが、アンチエイジングによってそれを何とか食い止めたいと思っている女性も多いはずです。
実は、アンチエイジングにはコエンザイムQ10が関係していることが分かってきました。
その関係性についてみていきましょう。

女性の肌のトラブルといえばシミやシワですね。
シミやシワができる原因には色々ありますが、一つに活性酸素が関係しています。
活性酸素と聞くと悪いイメージしかない方もいるでしょうが、活性酸素はウィルスなどから細胞を守ってくれる働きもあります。
問題なのは活性酸素が増えすぎた場合です。
活性酸素が増えすぎた場合、活性酸素は細胞を攻撃し始めます。
これによって細胞を酸化させて老化していき、シミができたり、シワができたりするのです。

この活性酸素を除去してくれるのがコエンザイムQ10という栄養素です。
この栄養素は体の中で自家製造されています。
日々の活動のためのエネルギーを発生させるために使われる他に、強い抗酸化作用をもっているのが特徴です。
この抗酸化作用が働くことで、細胞が酸化してしまうのを防ぎ、活性酸素からガードしてくれているというわけです。
シミやシワを防ぎたい女性にコエンザイムQ10が味方となってくれるのです。

ただ、自家製造されているから安心というわけではありません。
なんと、製造される量は、肌がまだピチピチの20代の頃から減り始めるのです。
そして40代の頃になるとおよそ半分程度まで落ち込んでしまいます。
つまり、シミやシワができ始める時期とコエンザイムQ10の減少する時期が重なっているのです。
一旦減り始めると、後は減る一方なので、ますますお肌には悪影響が出てしまいます。
自分で製造できないので、不足分を補うためには、コエンザイムQ10を化粧品やサプリを利用したり、食事から摂取しなければいけません。

アンチエイジングに気を遣う女性はとても多いでしょう。
ぜひコエンザイムQ10サプリメントを積極的に摂取して、いつまでも若いお肌でいたいですね。