生成

コエンザイムQ10は体の中でも生成される

コエンザイムQ10といえば、美容関連商品としてお肌に塗ったり、サプリメントとして体内に取り込むことが多いです。
しかし、このように外部から取り込むだけでなく、体内でも生成されているのです。
どのように体内で生成されるのか、それなのになぜ外部から取り込む必要があるのかをご説明します。

私達の体の中では、タンパク質の一種である酵素という物質が活躍しています。
酵素の役目は、消化酵素と代謝酵素に分けられます。
消化酵素は、私達が食べたものを吸収しやすいように消化してくれます。
代謝酵素は、新陳代謝の促進、免疫力のアップ、毒素の排出などといった重要な働きを担っています。
ただ、酵素単体では仕事をすることができず、酵素が仕事をするためには補酵素という物質が必要になります。
その補酵素の一つがコエンザイムQ10なのです。

コエンザイムQ10は、グルコースからメバロン酸に姿を変えて、肝臓でこのメバロン酸を原料として生成されています。
そして、生成されたコエンザイムQ10は細胞それぞれに送られ、エネルギーの生成のために使われるのです。
ただここで問題なのが、若い時は十分な量が生成されるのですが、20代を迎える頃からゆっくりと減少し始めるのです。
生成量が全くのゼロになるわけではないのですが、今まで十分に供給されていた量が減ることで、十分なエネルギー生成ができなくなってしまいます。
歳をとると疲れやすくなったり、病気になりやすくなったり、肌にシワができたりするのは、この事が原因になっているのです。

コエンザイムQ10は歳を取れば、その生成量は減ってしまいます。
それを補うためにも外部から取り入れましょう。

コエンザイムQ10の生成量が減少し始めると、それを止める手立てはありません。
これは仕方がないことで、再び生成量を増やす方法もありません。
ですから、不足している分は外部から取り入れないといけないのです。
コエンザイムQ10を含む美容商品やサプリメントが人気を集めている理由がここにあります。

コエンザイムQ10サプリの人気ランキングも参考にしてみましょう。